ブリサック城のグリーン・レディ

ブリサック城( the Château de Brissac )のグリーンレディの幽霊

ブリサック城は、フランスのブリサックカンセにあるお城です。城は11世紀の間に建てられ、長く歴史を持っています。この城も世界中にある城と同じように、ブリサック城には幽霊が現れると言う噂があります。この幽霊は15世紀に浮気をして夫に殺害された妻の幽霊と言われています。

グリーン・レディが現れるようになった経緯

ブリサック城で知られているグリーン・レディと呼ばれています。グリーン・レディはシャルルド・デ・ブリュジェという名の女性の幽霊で夫であったジャックがメイドに彼の妻がピエール・ド・ラバーグと言う名前の男性と不倫をしていることを知らせました。ジャックは彼の妻と彼女の恋人を浮気の最中に現れて二人をを殺害しました。その後ジャックは二人の霊から逃る為に城から逃げ出したということです。

幽霊目撃情報

グリーンレディがよく目撃される場所は、チャペルの塔で霊を目撃した人たちは、彼女の顔の鼻や目の周りに穴が空いていたと言われています。もしかすると彼女が殺された時に顔に出来たものかも知れません。そして今でも彼女の嘆き哀しむ声は、城の中で聞こえてくるようです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク